心くすぐるインテリア・雑貨をご紹介。あなたの「コレすき」みつけてください。

 


大正から昭和、近現代日本で生まれた文豪の作品に着想を得て作り上げたイメージティー。
本物の文庫本とほぼ同じサイズの本型パッケージ。裏側には、着想もとになった原作の文章がデザインされています。

高村光太郎 著『智恵子抄』×天のものなるレモンの紅茶。

「私の手からとったひとつのレモン」をモチーフにした紅茶。
作品をより楽しむために……トパアズの香気が立つレモンを浮かべて。

室生犀星 著『蜜のあわれ』×燃えている金魚のように赤いお茶。

「誰より大胆で無邪気な金魚の女の子」をモチーフにしたフルーツハーブティー。
作品をより楽しむために……杏やりんご、ベリーで華やかに。

江戸川乱歩 著『孤島の鬼』×宝石より魅力的なチョコレートの紅茶。

「最初の事件解決のかぎを握ったチョコレート」をモチーフにした紅茶。
作品をより楽しむために……ミルクとお砂糖で甘く仕上げて。

中島敦 著『山月記』×虎に還るように色が変化するお茶。

「虎に姿を変える李徴と、別れの夜明け」をモチーフにした、ジャスミン香る青いお茶。
レモンを入れると色が青色から赤紫色に変化します。作品をより楽しむために……蜂蜜とレモンを加えて夜明け色に。

本を読んで作品の魅力を知るように、嗅覚や味覚からも、作中に登場するモチーフを感じられるように作られたイメージティーです。

この商品はこちらのお店・ショッピングサイトでお求め頂けます。

_

_

_

_